痛みや発熱に効果を発揮する非ピリン系の解熱鎮痛薬は、小型の錠剤なので服用しやすいですよ。

有効成分としてイブプロフェンと無水カフェインとアリルイソプロピルアセチル尿素が配合されていているため、熱を下げたり痛みを抑える効果が期待できるのです。

頭痛や生理痛、関節痛や腰痛、歯痛や肩こり痛など様々な痛みの症状を和らげるだけでなく、悪寒や発熱の改善もできますので常備薬としてオススメですよ。

15歳以上の方は1日3錠・1回2錠を服用しますが、15歳未満の方は服用できませんし、妊婦さんやアレルギーがある人は医師に相談する必要がありますので注意しましょう。

服用後に眠気などの副作用が出る事が考えられるため、運転や飲酒はしないよう気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る