バイエルアスピリン

病院で処方されるアスピリンには寮によって効能が変わるという特徴が有ります。そのため同じアスピリンを成分としている薬でも効能や作用が変わりますので少女に合わせて適切な量を処方します。

アスピリンのジェネリック医薬品であるバイアスピリンは、一般に言われている血液をさらさらにする薬として使用されます。アスピリンにはもともと解熱鎮痛剤として使用されていましたが、低容量で証した場合には血栓を防ぐ効果があることが分かっています。

それですので、バイアスピリンは、血症板の働きを抑えて血が固まるのを防ぐ抗血小板薬で主に動脈硬化で心筋梗塞、脳卒中などの治療に使用されます。

ドイツ・バイエル社が開発した非ピリン系の解熱鎮痛薬で痛みや熱の原因物質の生成を抑えます。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る